現金化の振り込みを複数に分けるケース

現金化をする時の手続きの仕方は業者によって異なってきます。そこで問題になるのが、手続き完了後に振り込まれる時に送金される額を分けられてしまうということです。これは間違いなく悪徳業者が利用する手ですので、たとえ好条件で取引ができるとはいっても、こういうところとは契約をしないようにしましょう。

振り込みを複数に分けるとはどういうことか

最近は振り込みに関するトラブルが増えてきており、その一つが複数に分けて振り込みを行うということです。業者の言い分としてはキャッシュバックされる商品を受け取らない人が多いので、それを受け取るまでは一部の入金にするというものです。商品を受け取ったとしても一部の入金しか行われないこともあるので、それは問題になるわけです。

1回で全額振り込まれるのが普通

現金化に関しては1回で必要な額を振り込まれるのが一般的であって、そうでなければいけないはずです。振り込みに関することについては不透明な部分が多いですので、これを明確にする必要があります。それに1回で必要な額を振り込んでもらえるのかどうかの確認を取ることを怠らないようにしましょう。

送金について明確にしている業者を選ぶ

どのくらいお金が戻ってくるのかということは記載が合っても、どういう風に送金してくれるのかについては明確になっていないこともありますので、きちんと1回で送金されるのかどうかを念押ししておくといいでしょう。