新着情報

◆2016/04/26
現金化のトラブル事例を学ぼうの情報を更新しました。
◆2016/02/09
リンク集を新規投稿しました。
◆2016/02/09
リンク集を新規投稿しました。
◆2016/01/26
申込をしたのに振り込まれないケースを新規投稿しました。
◆2016/01/26
申し込みキャンセルをした後脅されるケースを新規投稿しました。

現金化のトラブル事例を学ぼう

思いがけない出費のためにクレジットカード現金化を利用するという人も多いのではないでしょうか。そういう状況で利用しようとすると、現金を調達することばかりに気を取られてしまって、トラブルが起きているようなことを確認することなく利用してしまい、結果的にトラブルに遭うということがあるようです。トラブルに遭わないためにも事前にどういうトラブルの事例があるかを知っているのはとても大事なことではないでしょうか。

現金の振り込みに関するトラブル

クレジットカード現金化はキャッシング方式にしろ買取方式にしろ後で銀行口座に現金が振り込まれます。その時にトラブルがあったりします。具体的には期日が来ても現金が振り込まれなかったり、期日が来て現金が振り込まれてはいるが、一部の金額しか振り込まれていないといったものなどがあります。

現金の振り込みに関するトラブルは実際に問題が発覚して初めて分かるものです。トラブルを起こさないためにも、いつ現金が振り込まれるのかということと、1回で全額が振り込まれるのかということをしっかりと確認していかなければいけません。現金の振り込みは最後の過程ですので、業者とのやり取りをしていて違和感を感じたのであれば利用しないということで自衛するしかないです。

事前に口コミを確認するのもいいでしょう。現金の振り込みに関するトラブルが起きていないかどうかを事前に確認するだけでも違うでしょう。

業者に関するトラブル

クレジットカード現金化の業者の中には悪徳業者も交じっていますので、利用する時にはしっかりと業者に関して確かめることが必要です。何を確かめるのかというと代表者の氏名や住所、電話番号などです。電話を掛けたとしても全然つながらなかったり、現住所を尋ねてみても事務所が無いなどのトラブルがあります。こういう業者は悪徳業者ですので、絶対に契約しないようにします。

商品を受け取らないことによるトラブル

クレジットカード現金化は商品を購入した特典として現金が振り込まれるというシステムです。これを巡って利用者とのトラブルが起きたりします。これに関しては利用者のほうが悪かったりしますので、何度でも連絡が来てうっとうしいと思いますが、絶対に商品を受け取る必要があります。

クレジットカード現金化のトラブルを事前に知ろう

クレジットカード現金化のトラブルは業者が悪いものと利用者が悪いものの2パターンに分かれます。上記の例でいえば現金の振り込みと業者自体によるものは当然ながら業者が悪く、商品を受け取らないのは利用者が悪いです。

カードでお金を借りるはこちら